外国人技能実習受け入れ先のメリットとデメリット

海外の若い人材を一定期間公的に受け入れ日本の企業で技術や技能を習得させ、母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした制度が外国人技能実習制度です。

日本全体にとっては国際協力や貢献といった重要な意味を持ちますが、外国人を受け入れる企業側のメリットとデメリットはどのようなものでしょう。

カンボジアの技能実習生についての情報をまとめたサイトです。

まず外国人技能実習受け入れ先のメリットとして挙げられるのが、人員計画にゆとりが出来るということです。

日本で求人を出しても人が集まるかどうかはその時その時によって違いますが、技能実習では国がサポートをして必ず人員を確保してくますので、企業側は余裕を持って面接を行い、採用することが出来るのです。

外国人技能実習生関連情報を解説します。

また外国人技能実習は3年間という期限がありますので、昇給などによって固定費が長期的に上昇することを抑えることが出来るというのも企業側にとっては大きなメリットといえるでしょう。ただし、3年間は正規の就労となりますので、きちんとした正規賃金、昇給などは行われることが前提となっています。


その他のメリットとしては、やはり企業として国際貢献が出来るということが挙げられます。

カンボジアの実習生情報の豊富さで有名なサイトです。

今はグローバルな時代ですので、こうしたイメージは高い評価を受けることとなるのです。
このように企業にとってメリットが大きい制度といえますが、一方でデメリットも少なからずあります。文化的、言語的な違いはもちろんですが、まず受け入れる際の書類の準備が非常に猥雑であることや配属までに時間がかかることなどです。

またどれだけ優秀な人材だったとしても実習期間を延長することが出来ないという点も場合によってはデメリットといえるでしょう。